信頼できる探偵を探す

信頼をできる探偵を探すことは容易ではありませんが、信頼できるかどうかを見極めるポイントはあります。 2007年6月に日本政府により探偵業法が施行され、探偵業を営む人は、国に届け出を出さずには、探偵業が営めませんので、この届け出が出ていないところは、探偵を営むことができません。

社団法人日本調査業協会は、警視庁の指導の下に創設され、現在、内閣総理大臣に許可をされて、公認された探偵社・調査会社の団体です。 これに加盟している探偵社などは、探偵社の名称、オフィス所在地、代表者の氏名等が、きちんと明示されていますので、実態が不明な探偵社等よりは、この点においてのみ、まずは、安心感を得ることができます。


最初の面談で契約を行わない

どの探偵社に依頼するかを決めるには、まず複数社の探偵社へ電話をかけて相談を持ち込むことになりますが、探偵社の電話での対応の仕方もまちまちですので、自分が信頼できそうと感じる探偵社を最終的に何社か選びだし、その複数の探偵社と面談を行うとよいでしょう。

大手の探偵社などは、電話相談料、面談料、アドバイス料も無料で行っているところもあります。 自分が納得する複数の探偵社と面談をし、明確な調査費用の見積もりを出してもらう際には、その調査を行った証拠はどのように提示されるのかも確認する必要があります。

調査報告書のサンプルを見せてもらうのもよいでしょう。 また、成功報酬制の探偵社は、どの基準に達した時が、依頼案件の成功となるのかを明白に定義して確認する必要があります。

更に、初回面談で、その日に契約をするように推し進めてくるような探偵社にも注意が必要です。 最終的に契約を行う探偵社を決めるのは、自分が選択した探偵社との面談をすべて終了した後に、見積書の額とその探偵の調査力、そして自分の依頼を担当する探偵を信頼できる度合いに応じて、最終決定を行うとよいでしょう。


契約書は必ず書面で締結

探偵業法が制定され、探偵は依頼者との間に、重要事項説明書と調査契約書の両方を必ず締結しないとなりません。 いかなる理由でも、契約書を書面で交わさない探偵社とは、探偵依頼の取引をすべきではありません。

後に、非常に危険なことになりますので、気を付けてください。 また、契約書を読んで疑問に思う個所や納得しない内容等があれば、絶対に印鑑を押してはいけません。

その場で確認を行い、それでも納得できなかったり、探偵社の信頼度に疑問を持つようなことがあれば、印鑑を押さずに、その探偵社との取引は行わないで、納得のいく他の探偵社との契約締結を行うようにしましょう。


次の記事をチェック ⇒ 探偵依頼の料金

大阪の探偵ベスト3

一位
HAL探偵社
豊富なサービスプランと高い評価!
HAL探偵社は大阪をはじめとする全国主要都市に事務所を抱える大手探偵調査業者です。

HAL探偵社の魅力は、豊富な料金・サービスプランです。依頼人の様々なニーズ・要望に対応できるバリエーション豊かな内容なっており、最安は6,000円〜からととても良心的でリーズナブルな価格設定となっています。

公式HP上では、依頼者からの直筆の手紙が多数掲載されており、多くの人々から高い評価を得ていることが伺えます。安価な料金体系はもちろん、迅速な対応、依頼者との密な連携、アフターカウンセリング、そして法律相談や弁護士の紹介までおこなってくれます。

依頼の相談も匿名で行うことができ、支払は現金・カード・ローン払いOK。
HAL探偵社は利用しやすさ抜群、安心と信頼と実績のある探偵社です。

二位
総合探偵社/興信所MR
画像_総合探偵社/興信所MR
高度な調査力と丁寧なカウンセリング
MRは高度な調査力丁寧なアフターケア・カウンセリングが特長の探偵事務所です。

特に、アフターケアやカウンセリングへの力の入れようは、業界屈指といえるでしょう。カウンセリングの特別顧問や専門家として、医師、カウンセラー(NPO法人日本家族問題相談連盟の認定カウンセラー)、法律家と協力していることはとても驚きです。

探偵への依頼といえば、「浮気調査」がメインですが、このような案件では浮気の証拠を押さえて終わり、ではなくその後の対応がとても大切です。特に、依頼者のメンタル面でのダメージははかりしれないものがありますから、そのようなことを考えると、MR社は安心して利用できる探偵社といえるでしょう。

三位
原一探偵事務所
弁護士推薦!の探偵事務所!
原一探偵事務所は、社会的に信頼の高い機関や専門家からも一目置かれる探偵事務所です。

審査基準の厳しい県庁のサイトに原一探偵が紹介されていたり、TVの番組からの調査依頼を受けたり、弁護士からの推薦を受けていたり(東京都弁護士協同組合特約店)と、高い評価を受けている探偵事務所だということがわかります。

また、日本全国に拠点を置き、調査車両を常時多数保有、多数の最新調査機材などを揃えているところなども大きな魅力です。